山岳会の運営と会館のご案内

(一)会長挨拶

 第3代会長:藤村 勇
 平成23年(2011年)1月就任 
全国の登山仲間の皆さん、ごきげんよう。
一言、ご挨拶を申し上げます。
「国破れて山河あり」の名言も飽食と物質の豊かな現代には死語にも等しいと言えます。
然し、振り返れば、昭和20年8月15日に我が国が第二次大戦で敗戦し、国土は廃墟と化し多くの若者を失い、大きな犠牲により、多数の国民が衣食住にも事欠き、気力・自信を喪失した時期においても我が国には美しい春夏秋冬と気高く素晴らしい山河に恵まれ、それに触れて国民、特に青少年に大きな希望・勇気とそれに伴う復興の自信・力を与えられました。
ところが、現況は「国栄えて山河荒廃す」のおそれのある時代となりました。
今後は全国の皆さんと共に「敬山愛岳」(山を尊び、岳峰を愛する)を心とし、自然を守り、次世代に美しい国土を譲る為に一緒に努力しようではありませんか!
以上、挨拶にかえます。

(二)会の目的・趣旨
本会は、自然に親しみ英気を養い、心身の鍛練を図り、人生を有意義に送ることを目的として居ります。  (本会規約第3条)
(三)定例会合
(1)例 会 :毎月 2日(原則)
(2)役員会 :毎月22日(原則)

(四)入会案内
 当会は昭和23年創立で60余年を経過いたしました。多彩な経験履歴を持つ会員約30名余り(男性約20名・女性約10名)の団体です。色んな職場や個性の会員で構成され、極めてなごやかな雰囲気で運営されています。
 活動方針としては会員の個性と体力に応じた家族ハイキングからアルプス縦走、岩登り、沢登り、更に冬山登山から競技登山へとオ−ルラウンドな山行を心掛けて居ります。
 例会(定例会合)は月1回行われ、各山行等の行事を連絡・打合せなどを行って居ります。山行等の行事の参加は決して強要せず、個人の自主的判断に任せて居ります。その他にも気のあった者同志で山行を楽しんでも居ります。
 又、当会は日本山岳協会加盟の団体であり、正しい登山の普及と発展を目指して登山の正しい技術や新しい技術の指導に努めて居います。一緒に山に登りたい方は一度、例会に顔を出して雰囲気・様子を見に来ませんか?

興味のある方のご連絡をお待ちして居ります。
(入会連絡先)本田克也(金沢山岳会副会長)
          <TEL>076-288-2005
        Eメールはトップページ「お問合せ」へ 
(入会要項)
@入会金¥5,000円、年間会費¥12,000円
A入会資格は特になく、山好きで熱意のある方は大歓迎です。
(五)会館利用案内
(イ)利用目的
サークル活動・会合、合宿、グル−プ交流会・セミナ−・研修会、パ−ティ−、町内会等
(ロ)利用料金
(@)夏期料金(4月〜11月) ¥3,500円/1団体
(A)冬期料金(12月〜3月) ¥4,500円/1団体
※宿泊可(宿泊料金:別途¥2,000円追加/1団体
       (約20名)(布団類:要持参)

【会館住所及び利用連絡窓口】
〒921−8151 金沢市窪1−43−13
《利用連絡窓口》池田信夫(会員)<TEL>076−247−1620


金沢山岳会 規約





金沢山岳会 会館
(会館補修の日に 2003/5)


会館入口

エントランス

囲炉裏


囲炉裏

床の間


前身の「金沢岳友会」のフラッグ




金沢山岳会 会館地図